納豆菌 サプリメントとは

 

納豆菌とは?

納豆菌は枯れ草、主に稲の藁に多く存在していて

日本の稲の藁には約1000万個の納豆菌が付着しています。

この納豆菌が大豆に付着し発行させることで

ナットウキナーゼ、ビタミンK、ビタミンK2、アミノ酸を増やしてくれます。

また、納豆菌は虫歯や歯周病菌の働きを抑制してくれるので

お口の健康を保つ事にも一役買ってくれます。

 

 

納豆菌サプリメントの効果

納豆菌のサプリメントには

上記、ナットウキナーゼ、ビタミンK、ビタミンK2が入っています。

各成分の効果を紹介します。

 

ナットウキナーゼ

納豆のネバネバに含まれているのがナットウキナーゼ

ナットウキナーゼはたんぱく質が分解された酵素で

血液中に出来てしまった血栓を強力に分解する作用が有ります。

その他にも、血圧降下作用、血流改善作用等

血液改善のいスペシャリストがナットウキナーゼです。

 

ビタミンK、ビタミンK2(ビタミンK2はビタミンKの1種)

血液の凝固と血液凝固の抑制の両方の作用を活性化かさせる

栄養素で血液の健康に不可欠な成分です。

また、骨粗しょう症の予防に役立つとされ、

ビタミンDと一緒にとると骨密度を増やし、骨折等の発生率を

抑制する効果が期待できると考えられています。